ブログ

身体のトリセツ(4スタンス理論)

 身体のトリセツでまずお話しさせていただくのは、当院のリハビリテーションの根幹をなす レッシュ・4スタンス理論についてです。

私がこの理論には出会って5年以上経過しております。ほんまかいな?と約1年間検証をおこない、これは本物だと確信を得勉強させて頂きました。

現在 マスター級トレナーになっております。

 理論についてはいろいろな書籍が出版されておりますので、ご一読頂けましたら幸いです。

 

 今でも その理論の確かさに 衝撃を受け続けております。

現在ノーベル賞の各賞が発表されていますが、ノーベル医学賞に値する者と私は考えております。

 話は少しそれますが、私は空手の稽古・指導を続けておりますが、その際に疑問に思っていたことが、この理論を知って氷解していきまいた。

古くから伝わる 型の意味 また それが求める身体理論 動作 まさに 身体のトリセツが目の前に浮かんでまいりました。

ヒトの身体の動かし方は、みな同じではない!
ヒトの身体特性は4種類存在するのです。
これは、血液型が何種類かあり、人それぞれ生まれつき決まった血液型を持っている、ということと同じで、ヒトは誰でも4つのタイプに分かれているのです。
それぞれタイプによって、おなじ立つ、座る、歩くといった行為でも、厳密にみると身体の形、動かす各部位の順序などが異なっています。
これを整理して解説するのが「4スタンス理論」です。

 一人でも多くの方にこの理論を知って頂きたく、(特に当院の患者さん)

3年前から 創案者であられる 廣戸聡一先生をおよびしセミナーを行っております。 コロナ渦ではありますが、今年も11月1日にお越し頂けることになりました。是非興味のある方は、参加下さいませ。目からうろこの新しい知識で一杯になることでしょう!

 

 

 

一覧ページに戻る

top

0722926060

お問い合わせ