整形外科

痛み・しびれなどがある時は?

症状を改善して運動機能の回復をはかります

症状を改善して運動機能の回復をはかります

堺市南区・くわ総合クリニックの整形外科では、運動・スポーツ時の怪我、交通事故などの不慮の事故、加齢による身体機能の衰えなどにより、お体の様々な部位に痛みやしびれ、運動機能の障害などがある方へ適切な治療を行ってできる限りの症状の改善・機能の回復をサポートしております。

腰痛や肩こり、捻挫や打撲などのスポーツ外傷・障害、交通事故による怪我やむち打ち、全身の運動機能の障害などを幅広く診させていただきますので、お困りの症状がございましたらお気軽にご相談ください。

こんな症状・お悩みはございませんか?

こんな症状・お悩みは
ございませんか?

  • 首が痛い
  • むち打ち
  • 首の後ろが突っ張る
  • 肩こりがひどい
  • 腕が上がらない
  • 背中が痛む
  • 手足がしびれている
  • 膝が痛む
  • 関節が動かしにくい
  • 歩行時に足が痛む

など

このような症状・お悩みがある時はお気軽に堺市南区のくわ総合クリニックへご相談ください。

痛み・しびれなどへの治療は?

頚椎椎間板ヘルニア

骨と骨の間でクッションの役割をはたしている椎間板が、何らかの要因により飛び出し神経を圧迫することで痛みやしびれなどを引き起こす病気です。

頸椎椎間板ヘルニアに対しては通常、鎮痛剤や牽引療法、温熱療法などを行って症状の改善をはかりますが、通常の治療で十分に改善しないケースでは外科手術が必要になる場合があります。

四十肩・五十肩(肩関節周囲炎)

四十肩・五十肩は正式には“肩関節周囲炎”と言い、肩関節のまわりの組織で炎症が起き、関節包が癒着することで関節部に痛みや機能障害などが現れます。
このまま放っておくと関節の動きが悪化する一方なので、早めに受診していただいて適切な治療を受けられるようにしましょう。

痛みが強い急性期には安静状態を保ち、鎮痛剤の内服や注射などで痛みを取り除きます。
急性期が過ぎたら運動療法などのリハビリへ移行します。

肩こり

肩こり

筋肉・血管・神経などそれぞれの状態が複雑に絡み合い、痛みやこりなどを引き起こすとされています。
主な原因として首・背中が緊張するような姿勢を長時間とりつづける、運動不足、血行不良、ストレスなどが挙げられます。

痛みが強い場合には鎮痛剤を使って症状の緩和をはかり、マッサージや牽引療法、運動療法などを行って筋肉の柔軟性を高め、血流や神経の働きを回復させます。

腰椎椎間板ヘルニア

骨と骨の間でクッションの役割をはたしている椎間板が、何らかの要因により飛び出し神経を圧迫することで痛みやしびれなどを引き起こす病気です。

腰椎椎間板ヘルニアに対しては通常、鎮痛剤や牽引療法、温熱療法などを行って症状の改善をはかりますが、通常の治療で十分に改善しないケースでは外科手術が必要になる場合があります。

ぎっくり腰

ぎっくり腰

急に腰が激しく痛みだすことの総称で、腰が曲がったまま動けなくなることもあります。
ぎっくり腰の主な原因は腰椎椎間板ヘルニアですが、高齢の方の場合、背骨の圧迫骨折で起こることもあります。

自然に治ることもありますが、症状が続くような場合にはコルセットの装着、鎮痛剤を使用するなどして改善をはかります。

慢性腰痛

症状は軽度であるものの、痛みが強くなったり軽くなったりを繰り返す腰痛を“慢性腰痛”と言います。
慢性腰痛が起こる原因として、無理な姿勢を長時間続けるなどの生活習慣からの影響、ヘルニアなどの他の疾患からの影響、そのほかストレスなどが考えられますが、お一人おひとりで原因は異なりますので、それをよく見極めたうえで治療方法を選択することが大事です。

痛みが強い時にはお薬を使って緩和をはかりますが、症状が落ち着いてきたら運動療法によるリハビリを行って、少しずつ症状を和らげていくとともに再発の予防に努めます。

変形性関節症

関節軟骨の老化のほか、骨折や靭帯損傷・半月板損傷などにより関節が痛むようになる病気です。
末期になると何もしなくても痛むようになり、関節の変形が目立って歩行困難に陥ることもあります。

軽症であれば痛み止めの内服や外用薬などを使用して治療するほか、運動療法を中心としたリハビリを行ったりしますが、症状の改善がみられない場合には外科手術を検討する必要があります。

top

0722926060

お問い合わせ